F/T アーティスト・ピット ドキュメント

AD/D

フェステイバル/トーキョー 19のプログラム「アーティスト・ピット」の

活動報告書として作成した。
このプログラムはアーティストが創作に必要な言語と技術を自覚的に獲得し、
相互批評を通して作品の精度を高めていくための鍛錬の場となることを目的にしていた。
それもあってアーティストそれぞれがかなり深く思考していく様子が伺えたので
気づくかどうかわからないくらいの角度で冊子の端を斜めにカットして

読む人に違和感を与える仕様にした。

rough Takumi Saito All Rights Reserved.